虐待

  • 2018.06.10 Sunday
  • 21:07

日曜日を皆様はいかがお過ごしでしたでしょうか?

 

私は、外出はホームセンターとマーケットだけです。

1ヶ月に一度は、必ずホームセンターに行きます。

ペットシーツ、トイレットペーパー、洗濯用洗剤、テイッシュペーパー、

シャンプーです。

動物と一緒に生活するには、やはり最低限でも必要経費はあります。

やはり、快適に動物が暮らせるようにするには、当たり前のことです。

しかし、劣悪な環境で暮らしている動物たちがいることも現実です。

 

今の世の中、動物だけではなく、人間も同様の扱いをされている場合が

あります。

やはり、周囲の人の通報も大切なように思います。

関わりたくない、と言って知らぬふりをする人も多いそうです。

しかし、それでは、犯罪は亡くならないと思います。

幼児虐待、老人虐待、動物虐待ーーなど、数え上げればきりがありません。

やはりそれを少しでも減らすためには、防犯カメラが必要だと思います。

老人施設の各部屋に、内緒でつければいいと思います。

そして、それをチェックする。

そうすれば、少しは虐待され、辛い思いをしている入所者の人を救うことが

出来るように思うのです。

皆様はどう思われるでしょうか?

ビールのオンザロック

  • 2018.06.09 Saturday
  • 21:31

土曜日を、皆様はいかがお過ごしでしたでしょうか?

今日は湿度が高いですね。

明日は雨だそうです。

台風の影響で、少し荒れるところもあるそうです。

 

今日は、缶ビールを半分飲んで、体中が真っ赤です。

顔から湯気が出そうです。

 

1年に数回、お酒を飲みたくなります。

料理に使うので梅酒を作るのですが、それも無くなり、今年は3年ぶりに

作ろうかと思います。

そんなこんなで、札幌に住む友人が送ってくれた、北海道限定缶ビールを

開けました。

ビールのオンザロックです。

氷を沢山いれて、少し薄めて飲むのですが、酔いました。

ちょっと、頭がシステムダウンしそうです。

 

今日も、ウメちゃんは元気に過ごしてくれました。

ただ、私がフルートの練習をしても、全く一緒に鳴いてくれないです。

寂しいですね。

 

練習中に、ウメちゃんが立ち上がって歩こうとして倒れました。

そんなことは、最近は多いですね。

ウメちゃんも辛いだろうと思います。

 

それでは楽しい日曜日をお過ごしください。

 

人生での邂逅

  • 2018.06.08 Friday
  • 22:23

金曜日を、皆様はいかがお過ごしでしたでしょうか?

 

朝から、ウメちゃんの点滴に行ってきました。

ぼちぼち元気にしています。

ぼちぼちと書くのは、ぼちぼち頑張ってくれているからです。

 

ウメちゃんは5月に、病院を替わりました。

思うところがあったからです。

今までの病院には、申し上げたいことはありますが、病院が替わってウメちゃんが

元気を取り戻してきてくれたので、それを幸せに思うことにしました。

体重も、当初よりはほんの少しですが増えてくれました。

少しずつ、少しずつ増えてくれればと思います。

 

今、ウメちゃんが通院している病院の先生は、

「動物にもセカンドオピニオンは大切と思います」

とおっしゃっていました。

 

 

人生というのは、振り返れば、アッという間のように思います。

その短い時間に、良き師、良き医師、良き人にどれだけ会えるか、ということでしょうか?

 

皆様はどう思いますか?

 

余命半年の宣告を受けた母の愛

  • 2018.06.07 Thursday
  • 20:46

今朝は曇り空でしたが、日中は晴れ間が出ていました。

そして少々暑いです。

皆様のお住いの地域はいかがでしたでしょうか?

 

昨日のテレビ番組(また忘れました)をHDDに落としていました。

今日は、昼食後に観たのですが、もう涙が止まらなかったです。

 

赤ちゃんを出産後、余命半年と宣告された女性を紹介していました。

彼女は、頑張って、頑張って、出産の2年後に36歳でこの世を去りました。

最愛のお嬢さん、ゆりちかちゃんは2歳でした。

 

彼女は病と闘いながら、娘のために本を出版しました。

本の最後のページに、

「ゆりあ、あなたはママが生きる目的です」

 

赤ちゃんを抱くことも出来ないほど、体力が落ちた時でさえ、彼女は最愛の娘に

笑顔を向けていました。

尋常ではない精神力です。

愛妻の娘を時間の限り愛する姿に、涙が溢れました。

 

5歳の女の子を虐待死させた父親、母親とは比較にならないです。

 

皆様はどう思われるでしょうか?

 

 

あまりに辛くて

  • 2018.06.06 Wednesday
  • 20:50

今日は、終日、雨が降りました。

梅雨入りをしたから当たり前なのでしょうね。

 

朝から辛い、哀しい記事を見ました。

5歳の女の子が両親から虐待され、命を落としました。

今年、1月から食事は1日1回だったそうです。

朝4時に起きて、色々とさせられていたそうです。

父親から暴力を受けていたそうです。

1月から今月まで、5歳の女の子は地獄の苦しみだったでしょう。

それ以上でしょう。

 

それでも、

「パパ、ママ――――――ゆるしてください」

とノートに書いていたそうです。

辛くて涙が溢れました。

 

家に食べ物が無くなった時、ビスケットを1枚見つけたとします。

親は、自分は食べなくても子供に食べさせます。

本来、親とはそういうものだと思います。

 

皆様はどう思われるでしょうか?

 

今日のNHK「ハートネット」をご覧になった方はいらっしゃるでしょうか?

正直、胸が痛みました。

あまりにもひどく、こんなことが実際にあったとはーーー?

 

沖縄での「精神障害者の私的監置」に関することです。

沖縄が返還されてから、本土の精神科医が実情を調べた記録も出されていました。

動物でも、あの劣悪な環境に置くのは非道です。

人が、10年以上も閉じ込められていたとは!

言葉が見つかりません。

 

 

 

 

イラスト作家Ruiのサイン会

  • 2018.06.05 Tuesday
  • 21:09

明日から雨が降るそうです。

梅雨入りかな?

道端には、紫陽花が綺麗な花を咲かせている光景が目に入ります。

梅雨には、というか雨には紫陽花が似合いますね。

6月生まれですから、紫陽花の花は好きです。

皆様はいかがでしょうか?

 

イラスト作家Ruiの3作目「そばにいるよ。」が好評です。

大変ありがたいと思います。

心を込めて、色鉛筆で重ねながら描いた作品です。

 

「涙が出てきました」

「泣きながら読みました」

と言って下さる方も多くなってきました。

イラスト作家Ruiの3作目の絵本「そばにいるよ。」が明日発売です。

宮脇書店和歌山店(1冊から和歌山市内は無料配達です。073-422-2151)

一般社団法人七色社 ・帯伊書店
宮脇書店ロイネット和歌山店・阪和ワールドツーリスト(市役所そば喫茶「フレンド」ビル3階)
TSUTAYA WAYガーデンパーク和歌山店

 

画像に含まれている可能性があるもの:テキスト

 

 

宮脇書店和歌山店

6月17日(日)午後3時から「絵本のおはなし会」があります。

イラスト作家Ruiが絵本「そばにいるよ。」の読み聞かせをします。

サイン会もさせて頂きます。

 

 

尾崎豊さんの「I LOVE YOU」

  • 2018.06.04 Monday
  • 21:45

今日は、久しぶりのフルートのレッスンに行って来ました。

「今日は、大丈夫!きっとOKいただける」

と確信して行ったのですが、撃沈でした。

 

「遅い!メトロノームより遅れている」

と先生からの言葉が飛んできました。

 

メトロノームを傍に置き、2週間、今回はかなり練習しました。

それなのに、それなのに、先生の前では教則本も全くダメでした。

あ〜ショック!

 

尾崎豊さんの「I LOVE YOU」、尾崎豊さんの刹那的な歌い方、歌声に

憧れて選んだ曲ですが、難しいです。

本当に難しいです。

しかし、途中で止めるわけにはいかないです。

こうなれば、とことんOK出るまで頑張るのみです!

 

 

他人さまは、私に対して「打たれ強い」と評価します。

そんなことは無いです。

人一倍、傷つきやすいと自分では思っています。

それじゃ、何故、打たれ強いと言われるのか?

 

落ち込むときは、食事ものどが通らないほど、落ち込みます。

眠れないです。

 

しかし地下2階辺りまで落ち込むと、

「しょうがないじゃん。まぁ、いいか」

で浮上します。

多分、そのあたりが、「打たれ強い」の評価につながるのでしょうね。

しかし、いつまでも落ち込んでいると言われるよりは良いかな、と思います。

 

皆様はいかがでしょうか?

 

イラスト作家Ruiの絵本「そばにいるよ。」が昨日、発売されました。

1作目「だいじょうぶだよ。」、2作目「わすれないよ。」をご購入いただいた

方から、

「涙を流しながら読みました」

という言葉を頂きました。

 

イラスト作家Ruiの3作目の絵本「そばにいるよ。」が明日発売です。

宮脇書店和歌山店(1冊から和歌山市内は無料配達です。073-422-2151)

一般社団法人七色社 ・帯伊書店
宮脇書店ロイネット和歌山店・阪和ワールドツーリスト(市役所そば喫茶「フレンド」ビル3階)
TSUTAYA WAYガーデンパーク和歌山店

 

画像に含まれている可能性があるもの:テキスト

指が2本負傷

  • 2018.06.03 Sunday
  • 21:49

日曜日を皆様はいかがお過ごしでしたでしょうか?

 

NHK大河ドラマ「西郷どん」を観終わって、自室にきました。

奄美大島の女性が、嘗て辛い思いをしたことを初めて知りました。

女性だけでなく、男性も、島の人々が、薩摩に苦しめられていたことも

知りました。

「西郷どん」を観ていなければ、知らなかったことです。

 

奄美大島で結婚した薩摩人は、薩摩に帰るときに結婚した妻を連れて行くことが

出来なかったそうです。

それは、辛い別れだったと思います。

しかし、もし薩摩に一緒に行ったとしても、辛い思いをしたように、私は思います。

カルチャーショックを受けるように思うのです。

かと言って、結婚した人(愛する人)と別れるのは、辛いですよね。

色々と考えさせられました。

 

ここ2日間で、右手2本の指の先が負傷です。

ウメちゃんの食事の後の歯磨き(夜だけですが)をしていて、ガブッと指先を噛まれました。

結構、血が流れました。

痛かった〜!!!

ウメちゃんも言葉があれば、噛むこともなかったのでしょうが。

 

次は本日、陶磁器のお鍋の耐熱ガラスの蓋が欠けて、その上を指で走って、あえなく切りました。

これも痛かった!

ガラスの蓋の上に、すり鉢を置いていました。

すり鉢を取ろうとして、ガラスの蓋に当たり、欠けました。

陶磁器のお鍋は、客室乗務員をしていた頃にアンカレッジで買ったものです。

当時、日本にはこのメーカーの物は高価でした。

40数年愛用していたので、指の傷よりもショックでした。

 

今日はパソコンのキーボードが打ちづらいです。

 

 

 

「そばにいるよ。」明日発売

  • 2018.06.02 Saturday
  • 21:40

土曜日を、皆様はいかがお過ごしでしたでしょうか?

今日は朝から眼科に行って来ました。

 

昨夕、右目が痛いので、鏡を見ると真っ赤でした。

恐ろしい程、真っ赤でした。

「何が起きたのか??」

眼科に行こうと思ったのですが、ウメちゃんの異変動物病院に行きました。

今日は、行って来ました。

 

ドライアイが酷いそうで、

「2秒で乾く」

と先生は仰っていました。

「せめて7秒あればいいんだけど」

とも追加で仰っていました。

 

炎症はステロイドの目薬で治りそうです。

ドライアイは、1日6回両目に点眼の指示を受けました。

今回は、少し強めのドライアイの目薬だそうです。

パソコン、スマホ、読書などなどの影響かな?

 

人間も老いるということは、枯れて水分が減少していくのでしょうか?

何となく、老い=枯れるを意識してしまいました。

最近、「老い」をブログでよく使っていますね、という指摘を受けました。

そんなに使っているかなぁ〜?

 

イラスト作家Ruiの3作目の絵本「そばにいるよ。」が明日発売です。

宮脇書店和歌山店(1冊から和歌山市内は無料配達です。073-422-2151)

一般社団法人七色社 ・帯伊書店
宮脇書店ロイネット和歌山店・阪和ワールドツーリスト
TSUTAYA WAYガーデンパーク和歌山店

 

画像に含まれている可能性があるもの:テキスト

 

 

 

 

画像に含まれている可能性があるもの:テキスト

 

 

 

水無月

  • 2018.06.01 Friday
  • 21:04

6月1日、今日はよく晴れました。

さわやかな空気でした。

皆様のお住いの地域は、いかがでしたでしょうか?

 

朝からバタバタと動いておりました。

夕方、出先から帰り、やれやれと思ったところ、ウメちゃんが突然、全速力で

部屋中を走り回りました。

娘と二人で抱いて撫ぜるのですが、足をバタバタさせ、遠吠えのような鳴き声を

繰り返します。

「お母さん、病院に行こう」

という娘の言葉と同時に出かけるために車のカギを持ちました。

 

夕方で道路は渋滞でした。

娘と私は、車の中でも泣き続けるウメちゃんに、なすすべもなく娘は撫ぜてくれて

いました。

今朝、点滴に病院に行ったばかりでした。

看護師さんと、体重がほんの少しですが増えたのを喜んでいたのです。

診察を待つ間、心配でした。

 

先生から説明を受けて帰りました。

同じような発作的な行動が重なる場合は、発作止めのお薬を処方してくださるとの

ことでした。

 

自宅に戻り、少し落ち着いたウメちゃんに、夕食を出すと、パクパク食べました。

病院に連絡すると、看護師さんも、良かったと言って笑っていました。

 

娘と私は、ウメちゃんの体調の急変にショックを受けて、夕食は少しだけでした。

「取りあえず、良かった」

を二人で繰り返しながら夕食を食べました。

 

今、ウメちゃんは、何事もなかったかのような顔をして眠っています。

やれやれです。

 

楽しい日曜日をお過ごしください。

 

娘のイラスト作家Ruiの3作目の絵本が、6月3日(日)に発売です。

 

自動代替テキストはありません。

PR

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

小説「愁歌」

裕子は余命が宣告された父親のために、キャビンアテンダントを辞職して郷里に戻った。消沈した日々を過ごす母親と過ごす裕子は3人のアメリカ人が働く英会話スクールに勤務する。マイクと気持ちを通わせプロポーズを受けるが、渡米することに裕子は逡巡する。2010年2月9日〜5月24日まで連載(3〜5月までランダムに掲載)                        

小説「織部千春が消えた日」

私立高校に通う加奈が受ける壮絶ないじめ。苦悩する加奈と家庭を放棄した夫のことが千春を追い詰めていく。2009年8月18日〜2010年1月10日のブログに連載しています

小説「波の向こうに」

旅行代理店に勤務する、お局様と陰で言われる塔子の前に現れた新入社員の圭吾。年下の彼とのーーー。2008年3月18日〜5月7日までのブログに連載しています

お知らせ

小説の著作権、管理は得津美惠子です。  無断転載・盗用は厳禁です。

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM