台風が上陸

  • 2017.08.07 Monday
  • 20:35

今も少し雨が降っています。

早朝、4時に町内のアナウンスが流れました。

アナウンスの前後の音楽は聞こえたのですが、肝心の内容が聞き取れず、結局、

不安もあり、起きました。

テレビをつけると、やはり台風は接近していました。

台風が接近していたので、バイク通勤の娘を、今日は職場まで車で送りました。

「本当に台風が来るのかな?」

と思うほど、朝は穏やかな感じでした。

「お母さん、バイクでも大丈夫だよ」

と言う娘を、車で強制的に送りました。

 

 

帰宅後、すだれを外して、2台の自転車が倒れないようにガレージのポールにくくりました。

ガレージに干していた洗濯物を室内に持ち込み、クーラー乾いたものから乾燥機で仕上げました。

 

しかし、午後3時を過ぎた頃から、一気に雨脚がはげしくなりました。

「もしかしたら?早く帰宅させてくれるかもしれない」

という気持ちで娘を迎えに行くために外に出ると、車に乗り込むまで、既にびしょびしになりました。

ワイパーをフル回転させても雨に追いつけず、フロントガラスから見る景色はなんと目を凝らしても

わずか数メートルしか見えませんでした。

怖かったです。

 

丁度、和歌山市に台風が上陸したころだったようです。

久しぶりに恐怖を体験しました。

 

 

皆様のお住いの地域はいかがでしたでしょうか?

 

スポンサーサイト

  • 2017.08.22 Tuesday
  • 20:35
  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>

    小説「愁歌」

    裕子は余命が宣告された父親のために、キャビンアテンダントを辞職して郷里に戻った。消沈した日々を過ごす母親と過ごす裕子は3人のアメリカ人が働く英会話スクールに勤務する。マイクと気持ちを通わせプロポーズを受けるが、渡米することに裕子は逡巡する。2010年2月9日〜5月24日まで連載(3〜5月までランダムに掲載)                        

    小説「織部千春が消えた日」

    私立高校に通う加奈が受ける壮絶ないじめ。苦悩する加奈と家庭を放棄した夫のことが千春を追い詰めていく。2009年8月18日〜2010年1月10日のブログに連載しています

    小説「波の向こうに」

    旅行代理店に勤務する、お局様と陰で言われる塔子の前に現れた新入社員の圭吾。年下の彼とのーーー。2008年3月18日〜5月7日までのブログに連載しています

    お知らせ

    小説の著作権、管理は得津美惠子です。  無断転載・盗用は厳禁です。

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM